システインサプリは何に効く?美白だけじゃない効果について

システイン サプリ

システインが不足すると薄毛になる

 

髪や爪を作っているケラチンというタンパク質がありますが、その材料となっているのがシステインと呼ばれるアミノ酸です。システインはビタミンCと一緒に働くことによって、シミの改善や肌のターンオーバーの改善効果が高い美白成分として女性に人気の高い成分です。

 

しかしその作用は美肌だけではなく、髪の毛を豊かに美しく作るためにも重要です。髪の毛の材料にもなるシステインですが、これは全身の新陳代謝を高める働きがあり、各細胞の働きを活性化させてくれます。髪の毛は髪の毛の根元の毛母細胞と呼ばれるところで作られてどんどん伸びていきます。髪の毛の先端から伸びるのではなく根本から伸びていくのです。

 

システインを摂取することによって、毛母細胞の働きも良くなり、髪の毛の生成も進むようになります。逆にシステインが不足すると、髪の毛がしっかりと育たず枝毛になったり、切れやすい髪や抜けやすい髪となってしまいます。そのために髪の毛は細くなり、また抜けて薄くなりと全体的にボリュームが低下したりするのです。

 

システインは肌や髪を作るだけでなく、疲労回復や眼精疲労の緩和、肝臓の働きのサポートなどもしているため、こういった部分に不調が見られるなら、髪を作るところにおいて不足が起こる可能性があります。爪や髪といった部分は、特に末端部分になりますし、生命の維持に関係がないことから栄養が回るのが後回しになりやすいのです。そういったわけで、このシステインが不足すると薄毛が起こりやすくなります。豊かな髪を維持するためにも、しっかりシステインを摂取しましょう。

 

 

システインとはどんなもの?

 

システインという栄養素がありますが、これはアミノ酸の一種で体内で合成することが可能であるものの、その生産量は少ないために不足しやすいものです。そのため準必須アミノ酸と呼ばれています。このシステインには非常に多くの働きがあり、そのために食品や医薬品、化粧品など様々なところで用いられています。

 

それなりに有名になり注目されるようになったのは、その美白効果によるものです。美白効果というのは、肌に生じたメラニンを排出したり、メラニンの生成を抑える効果を言いますが、システインにはこの美白作用があり、メラニンの予防から出来てしまったメラニンの色素に対しても有効ということで非常に重宝されています。とは言え劇的な効果があるというほどではなく、メインの成分というよりはビタミンCなどと一緒にサポート成分となっていることが多いように思います。

 

その他にも髪や爪、肌の材料として非常に大事な役割を持っており、システインがあることで新陳代謝が活発になります。また肝臓の働きを良くすることから、栄養の代謝効率を高めてたり毒素の分解・排出を助けて体を元気に保つなど嬉しい効果がたくさんあります。

 

食事からもある程度摂取は可能ですが、効果を受けることが出来るほどはなかなか十分量が摂取しにくく、そのためにサプリメントなどを活用することが大切です。サプリメントは用量用法を守らないと、摂取過剰になって副作用が生じることもあるそうですから注意してください。

 

システインによる白髪を抑えるためには

 

様々な効果が期待されるシステインですが、その中でも最も期待がかかるのはやはりシミやそばかすなどを解消する美白効果ではないでしょうか。その美白効果はメラニン色素を薄くしたり、メラニンの発生そのものを抑制する効果なのですが、その作用によって白髪が出やすくなるとも言われています。白髪は年齢を強く感じさせますから、出来る限り避けたいものですよね。そういった副作用を避けるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

システインによって白髪が出やすくなるというのは嘘だとする意見もありますが、いくつかの事例があるようなので、ある程度の可能性はあると考えた方が良いでしょう。ただしその場合には長期の連用であったり、または大量の服用が見られたなど一定の条件があります。そのため基本的には用量用法を守る分にはトラブルは起こっていないと考えるのが妥当なのかもしれません。

 

シミは嫌だけれども白髪も嫌だというのは誰もが思うことだと思います。ですからそのためにはシステインのサプリメントなどはしっかり使用上の注意を守って使うことが大切ということになります。

 

一番良いのはシミ対策をシステインにあまり頼りすぎないことです。他にも効果的な方法はたくさんありますので、システインはあくまでそのひとつとして、ある程度のタイミングで方法を変えていくと良いのではないでしょうか。肌を白くしたいと願うのは良いと思うのですが、度をすぎないように注意はしたいものです。

 

システインの原料メチオニンとは

 

システインの原料となるものにメチオニンというものがありますが、これ自体も様々な効果を持った栄養素です。特に肝臓の機能を高めてくれる効果や脳内物質として様々な神経の働きに使われています。

 

メチオニンが体内に十分量があると、肝臓の働きが良くなって脂質の分解能力が高まり、そのために肝臓に脂肪が蓄積される「脂肪肝」などの予防に効果的です。肝臓の状態を元気にするものとして有名なタウリンも、メチオニンが原料になっていることからもその有効性が分かると思います。

 

メチオニンは脳内の神経伝達物質として、様々な感情の動きや記憶、認知、思考などに関わっているため、人間らしい活動のためには必要不可欠と言えるでしょう。脳内の神経伝達物質が少なくなってしまった場合には心身のバランスが崩れ、場合によっては鬱などの症状を起こしてしまいます。

 

メチオニンは肉類や魚介類などの動物性タンパク質に多く含まれ、これらをしっかり食べることが精神安定には重要だと言います。高齢になるとこれらの食品が減ってくるため、気がめいりやすくなるとも言われています。メチオニンは普通の食事からも摂取可能ですが体内では生成が出来ません。そのため過剰になってトラブルが生じることはまずありません。ただしサプリメントでは非常に多い量のメチオニンの摂取が可能ですので、サプリメントを利用する場合は注意が必要です。

 

システインの摂取量の目安は

 

美白効果があったり、肌の新陳代謝を高め髪や爪もきれいにしてくれるなど、その効果で人気を博しているシステイン。しかし有効なのは良いけれども、どのくらいの摂取量があれば効果的なのかはあまり分かっていない人が多いと思います。システインの推奨摂取量は日本では定められておらず目安が難しいところ。しかしWHOが推奨摂取量を定めているため、それを意識してみると良いでしょう。

 

システインはその原料となるメチオニンの形で摂取することもありますので、システインだけでなくメチオニンの量も合算して摂取量を考えます。WHO基準では、システイン+メチオニンの一日あたり推奨摂取量は、体重1kgにあたり15mg程度が良いとされています。これは普通の食生活でも十分に摂取が可能な量です。

 

システインは食事によって過剰になることはほとんどありませんが、サプリメントを摂取していると過剰摂取になることがあります。もしも1500mgほど摂取した場合には、吐き気や腹痛などの副作用が発生する可能性があるという報告があるようです。もちろん、体格が大きい人であれば問題はないのですが、普通の人がそのくらいのシステインを摂取してもトラブルになりますので注意しましょう。

 

シミなどが気になり美肌を作りたいと言っても、そのために不必要にシステインを摂取しても意味はありません。体が吸収でき、使用することが出来る分だけしっかり栄養素を摂取することが効果を受けるためには大切です。

 

シミの種類と原因

 

女性にとって気になるシミですが、その原因について正しく理解していますか?原因を正しく理解してこそ、効果のあるシミ対策ができますので、わかっていると思ってもしっかり確認することが大切です。

 

シミというのはいくつかの種類がありますが、主にはメラニン色素の沈着によって生じる褐色の薄い斑点の事を言います。

 

その原因になるのがまず紫外線です。紫外線によるダメージは肌の奥にまで届き、細胞や遺伝子にまでダメージを与えてしまいます。そのため、体は防衛機能が働いてメラニンを作り出し、紫外線をブロックするようになります。

 

この時のメラニンは、後々ターンオーバーによって排出されるのですが、ターンオーバーがうまく進まなかったり、メラニンの生成量が多い場合にはメラニンの排出より先に色素が沈着してしまい、その結果色素沈着が生じてしまうのです。そのため、メラニンの生成を抑えることやターンオーバーを促すことが基本的なシミ対策となります。

 

その他、ケガなどのダメージによる炎症の跡などがシミになる場合もあります。また、肌の奥に炎症が残ると、赤いシミとなってしまうこともあります。女性ホルモンのバランスが乱れることによって生じる種類のシミもあったり、遺伝的な影響が大きいと言われるそばかすなどもシミの一種です。

 

メラニン色素が原因になるシミに関しては、システインのサプリのアミノ酸が有効と言われていて、多くの美白サプリメントに含まれています。これはメラニン色素の生成を抑え、また色を薄くし、新陳代謝を高めるなど多くの効果がありますので、総合的にシミに対して働きかけてくれます。

 

オナラの音を小さくする方法

 

おならというのはニオイもさることながら、出る時の音が気になるものです。この音を消す方法があれば助かるという人も多いでしょう。このオナラの音は、いわゆる振動音なのですが、ガスが肛門を通過する際に皮膚が振動するためにあの音が生じます。その振動の具合で高い音が出たり、低い音が出るようになっているのです。口を震わせて音を出すのと同じ要領です。

 

私たちは呼吸によって空気の出し入れを鼻や口から行っていますが、そこまで音がすることはないと思います。その理由は、呼吸の勢いと排出口の大きさにあります。おならは勢いのあるものほど大きな音が出ますし、ガマンしようとするほど出た時に大きな音がするという性質があります。

 

というのは、口で実践してみるとわかりやすいですが、唇が震えるほど激しく空気を出すと大きな音が出ますし、口笛などもそうですが出口が狭くなるほど音はしっかり出るようになるのです。ですから、オナラの音をコントロールするのであれば、ガスをためないこと、そして出す時にはしっかりオナラの出口を作ってあげることです。

 

ガスをためないためにはこまめに出すことと、発生源を減らすしかありません。出口を作ってあげるには、肛門を無理に閉じようとせず、むしろ開いてあげることです。お尻のお肉を少し開いてあげるだけでもオナラの音は小さくなります。普段から練習しておけば、外出時もサイレントに事を進めることができますので、ぜひやってみてください。

 

改善を望むなら>>>おならと口臭には関係がある!人気のサプリで同時解決!

更新履歴