トップページ > 日焼けしたばかりの時のケアについて

日焼けしたばかりの時のケアについて

日焼けしたばかりの時のケアについて

夏というのは日差しがとても強烈です。ですので、ほんの少しの時間でも日焼けになってしまうものです。しかし曇りの日や冬だとしても、紫外線は地上に到達していますので、季節に関係なく日焼け止めを塗るようにして、肌に負担をかけないようにしなくてはなりません。

 

日焼け止めをして日焼け対策をしていたのに日焼けになってしまったのであれば、すぐにでもケアをするようにして、肌のダメージを回復させていくことも大切です。日焼けをしてしまった状態はやけどと一緒ですので、すぐに冷やすことが大切です。腕の場合は、水道水や氷水で冷やしやすいですが、首などのように水で冷やしにくい箇所はタオルで保冷剤を巻いて冷やすようにするといいでしょう。

 

そして、顔が日焼けをしてしまったのであれば、シートマスクを冷やして顔の熱を冷却するようにすれば、冷やすだけではなく肌の保湿をすることも可能になります。

 

また、日焼けをしてしまった場合、患部が赤くなってしまったり熱を帯びたり、痛みを感じることもあります。このような場合は鎮静効果があるローションをを冷蔵庫で冷やしていて、コットンに浸透させたものを顔に貼り付けるようにするといいでしょう。

 

これらの方法は日焼けをした日だけではなく、次の日もするようにしましょう。炎症は早めに治すようにしなくてはあとに響いてしまいやすいですので、すぐにでもケアをするようにしてください。

 

表皮部分のほてりは解消されたとしても、まだ肌の奥では炎症が残ってしまっている状態ですし、水分も失われてしまいがちになっています。ですので、日焼けをして一週間程度は鎮静効果を持っているローションを使って、肌の保湿をしつつ炎症を抑えるようにしてください。

 

ローションを使うだけではなく、抗酸化作用がある成分を取り込んで体の内部からもケアをしていくようにしましょう。日焼けをしてしまっているということは、それだけ紫外線を浴びているということになりますので、大量にメラニン色素が作られている状態になっていると考えることができます。ですので、少しでもメラニンの働きを抑制していく必要があります。更に紫外線によって活性酸素も大量に作られている状態になっていると考えられますので、抗酸化作用がある成分をしっかり摂取して、酸化しないようにしていかなくてはならないのです。

 

化粧品を使う方法もありますが、日焼けによって肌が敏感になっている状態になっている可能性もあります。ですので、肌に抗酸化作用がある成分を浸透させるよりも、食事やサプリメントで成分を摂取したほうが肌に負担をかけずに済みます。そのためにも、抗酸化作用やメラニン色素の生成を押させてくれるアスタキサンチンやビタミンC、L-システイン、ポリフェノールなどを積極的に摂取するようにしましょう。